「居酒屋」が訪日外国人に人気!

多言語事情

近年、日本の大手居酒屋チェーンが海外にも進出しており注目度が高く、日本独特の文化でもある居酒屋が人気となっているそうなんです。中国、台湾、韓国などのアジア圏では仕事後に同僚と居酒屋へ行く習慣もあるようです。

訪日外国人から人気を集めている居酒屋の人気の理由としては、海外にないスタイルです。欧米のバーやパブではスナックやフィッシュアンドチップス、ハンバーガーなどのワンプレートなどの簡単な食事が提供されます。「食事」と「飲酒」がはっきりと分かれている海外に対し、日本の居酒屋は本格的でバラエティに富んだ料理とお酒の両方が楽しめます。日本の「お酒を飲みながら食事を楽しむ」というスタイル、そして居酒屋独特の雰囲気が訪日外国人に人気を集めているようです。

代表的な日本食としてあげられるのは、刺身や寿司、おにぎり、釜飯、などがあります。チェーン店などはお店を探さずとも見つかるかもしれません。観光ガイドマップに載っているお店もあります。

老舗の蕎麦屋さん、ラーメン屋さん、居酒屋といったお店も外国人には人気ですが、なかなか行きたいお店が見つからないということもあるかと思います。
そんな時、多くの人はネットで「居酒屋」や「蕎麦」と検索をしてお店を決め、来店するでしょう。

しかし、外国の方が母国語で調べたり、少しの日本語で調べたとしても、サイトが多言語対応できておらず、全て日本語だったら何も情報が伝わりません。

せっかくサイトを見つけてもらったのに、多言語対応ができていないがために海外の方に店舗の情報や料理、お酒の魅力を充分に伝えきれないのはもったいないと思いませんか?

マルチインデックスでは、日本語サイトを自動的に翻訳する事が可能です。

また翻訳システムにしては珍しく、母国語で検索してもでてくるようにSEO対策もできます。翻訳に面倒な手間はいらず、日本語サイトを更新すればリアルタイムで多言語サイトも翻訳され更新されます。

またどの言語のサイトが多くみられているのかというレポート機能もあるので、その国の方に人気なメニューを作ったり、情報を配信したりと海外向けの集客の方法も広がります。

是非、日本の居酒屋の魅力を世界の多くの人に知ってもらうためにも、サイトを翻訳し多言語対応していきましょう。

関連記事一覧