外国人も歯医者に行きたい!

多言語事情

近頃、観光地や国内の中心地以外の閑静な地域でも海外の方を見かける事が多くなったと感じます。

総務省の発表によると、日本で暮らす外国人は2018年の時点で前年と比べ17万4千人増え、249万7千人となり、過去最多の数字を更新したといいます。東京都では20歳代の10人に1人が外国人であり、町村部でも人口は増えている状況です。

このようにたくさんの方が日本に移住して生活をしています。

見知らぬ土地での生活は様々なことに悩まされます。四季のある日本では季節の変わり目に風邪をひいてしまったり、仕事中の怪我、疲労や体調不良による頭痛、足腰の痛みや予期せぬ病気にかかることもあります。

そしてほとんどの人が経験した事がある、身近な病気である”歯周病”や”虫歯”など歯の病気。歯周病に関しては、世界でもっとも患者数の多い病気としてギネスに載っているほどです。そんな罹患者の多い歯の病気ですが、いざ日本に住む海外の方が歯医者に行こうとした際、、

歯医者に行かなきゃならないけれど、どこに行ったらいいのかわからない・・・。

そんな時、まず皆様であればネット検索で「有名な歯医者」や「近所の歯医者」などを調べると思います。

しかし海外の方の場合、ネット検索しても問題がでてきます。

日本語が読ず、なんて書いてあるのかわからない・・・。

ということがあり、そのサイトは飛ばして多言語対応している歯医者に行くということも、、。
自分のWEBサイトが多言語対応していれば、こういった海外の患者様も来てくれたのに。。。

そもそも外国人が母国語で検索して、検索結果にでてくるサイトも少ないのです。

検索結果にもでてくる、サイトの翻訳機能も使いやすい、そんなシステムはないのでしょうか?

あります!それがマルチリンガルインデックスです。

現在お持ちのWEBサイトをそのまま活用可能なシステムです。
また日本語でサイトの内容を更新しても、各言語のサイトは常に同期しているためリアルタイムで各言語サイトも更新されます。また対応言語は英語・中国語・韓国語を初め、14言語対応しています。

海外の方が多く住んでいる地域で、開業してる歯医者、もちろん飲食店も同じです。専門知識やWEBの担当者がいなくても問題ありません!

海外の方にも安心して日本で暮らしていただくために、多言語対応し集客の幅を広げるのはいかがでしょうか。

関連記事一覧