コストをかけない翻訳システム

多言語事情

昨今のインターネットの普及は目まぐるしいスピードで進んでおり、今ではスマホを片手に世界中の情報を収集得ることが出来るようになってきました。

事業者の立場で考えると
ひと昔であればお店からの情報発信のツールといえば折込チラシや口コミ、店前の看板などが主だったものが、いつの間にかインターネットですべて済ませることができるようになっています。

時代の流れを考えると、経営をしていく上でインターネットを活用することはマストであり、この流れに遅れてしまうと老舗店といえども経営難を迎えてしまうといったケースも珍しくありません。

さて、インターネットを活用しようと思い立ったとして、どのようにすればいいのでしょうか?SEO?SNS?MEO?インフルエンサー?リスティング広告?

多数の方法がありますが、
どれにも共通していることといえば、自分のお店の情報を掲載することが出来るWEBページを持っていることです。

しかしWEBページは多くの企業やお店が持っているがために、情報が多いために欲しい情報に悩んでしまったといった経験もあるかと思います。つまり、ただページを持っているだけでは意味がなく、ターゲットを絞った対策を打つことが必要不可欠と言えます。

そこで今回は訪日外国人にターゲットを絞った対策について紹介します。

すでに外国人向けに英語表記のメニューや案内、英語が話せるスタッフの雇用などの対策をしている方は多くなってきました。ただし、お店側でそれらをすべて用意することは難しく、専門の業者に依頼をするケースがほとんどだと思います。

依頼のたびに費用が発生して、トータルコストがかなり掛かってしまうことが懸念で、多言語対応ができていないという企業やお店は多くあります。

もし初期費用のみのコストで、ご自身で翻訳されたものを編集できるようになるサービスがあれば、いかがでしょうか?活用したいと思いませんか?

当社のサービスであればそれが実現可能になります。

まずは資料請求してみませんか?

関連記事一覧