翻訳対応サイトの失敗には気を付けて

多言語事情

翻訳対応をすれば、簡単にキレイな翻訳サイトができると思っていませんか?

弊社のように翻訳サイトを作る制作会社はたくさんあります。
そこに依頼して、原稿を送れば終わり。ではありません!!!

以前もこちらで載せましたが、大阪の堺筋の翻訳サイトで堺筋線が「Muscle line Sakai」と誤った翻訳のまま公開してしまい、急いでサイトを停止するというようなこともありました。

日本語の表現は他の国にないような表現が多くあります。
もちろん日本にしかない料理名やお酒の銘柄などはもちろん、日本では一般的な文章も誤った文章に翻訳されてしまうことがあるのです。

誤った表現方法で公開されたサイトは、意味不明なものだったり、またはマイナスなイメージをもたせる可能性もあります。様々な翻訳システムがありますが、そういった誤った翻訳などが編集できないというようなことも・・・・

また、SEO対策ができる翻訳サイトも実は少ないのです。
日本語でいれたSEO対策の文章が海外向けになり、また検索結果にもでてくるような翻訳システムはないものか・・・

そこでマルチリンガルインデックスです!

マルチリンガルインデックスは、誤った翻訳を各言語で編集できるほか、SEO対策にも対応!また日本語サイトを更新した週間、リアルタイムで翻訳サイトも更新されるといった機能があります。

翻訳サイトで失敗しないためにも、まずはお気軽にご相談ください!

関連記事一覧