多言語メニューで外国人観光客を呼び込む

多言語事情

2018年の1年間に日本を訪れた外国人観光客は約3,119万人と3,000万人を突破していました。
日本政府の目標は「東京オリンピック開催までに約4,000万人の訪日外国人を呼び込むこと」としています。そのため、訪日外国人はますます増加することが予想されています。

外国人観光客といえば「爆買い」のイメージが多くあるかもしれませんが、近年では「コト消費」と呼ばれる、旅行先での体験に対する消費にも関心が向けられています。
「コト消費」の例として、旅館に宿泊、着物を着る、日本食を食べるなどがあげられます。

日本ならではの食を楽しみに来る外国人も多く、飲食店の多言語対応は重要となってきています。
日本食への期待は高いのに対し、個人店だとまだまだ多言語対応していない飲食店が多く、外国人のお客さんに見つけてもらえないということもあります。

英語や中国語、韓国語で検索しても検索結果にでてくる海外向けサイトを作ることで、外国人のお客さんに見つけてもらうことができます。そして、外国人観光客を呼び込むことも可能になります。

自慢の美味しい日本食を、海外のお客さんにも美味しく味わってもらいましょう。

関連記事一覧